KVMスイッチの製品価格は?

二つ目のセカンドマシンを買おうかと思った時は、それに合わせてディスプレイやマウスキーボードそれから音声機器オーディオ機器なども合わせて買わなければいけないのかと言うと必ずしもそうでありません。

KVMスイッチというものを使って、それで切替えて使用すれば一組の周辺機器があれば2台のパソコンを使いこなすことができるのです。
価格もそれほど高くはありません。

最も安いものであればディスプレイなどにこだわりがない場合ですと、2000円から3000円程度で手に入れることができます。
ディスプレイにこだわりを持ちフルHDや、wuxga、解像度が1920×1200をサポートしているものになると少し高くなり1万円弱で手に入るようになります。

しかしこれだけ良い商品を買えばUSB接続のキーボードマウスに対応し、オーディオなども対応しています。
それらの周辺機器をもう一組買うのに比べれば断然安く済むのです。

また切替えボタンもKVMスイッチに手を伸ばす必要がなくて、元のキーボード上の「スクロールロック」などといったキーを二度押すホットキーによる2台のパソコンを行き来することができるのです。キーボードから手を離さずに使用できるのでとても便利です。

DisplayPortへのKVMスイッチのUDB接続方法

DisplayPortへのKVMスイッチ接続方法は基本的にUSBで行うことは難しいです。
というのもディスプレイポートというのは基本的にDVIやHDMIやアナログのDサブ15ピンなどでできているので、それにそれに対応したコードを使う必要があります。
接続の仕方はですが、それとUSB変換させるものが売られているのでそれを使用すればUSBで接続も可能です。

接続の方法はケーブルスイッチの切替えと言うとかなり複雑そうに見えますが、実はそれほど複雑ではありません。

普段接続しているPCとオーディオやディスプレイやキーボードやマウスの間に段にこのスイッチが挿入されたと考えれば良いのです。
それだけで2台のパソコンを行き来することができ、CPUを二つ使うことになるのでとても快適に使用することができます。
最近パソコンの本体だけで売られていてディスプレイやキーボードマウスなどといった周辺機器はついていないで販売されているパソコンも多くなってきています。

ですから高くても1万円弱で購入可能なので是非とも使っていないパソコンなどが押入れにしまっている人は購入を検討してみると良いでしょう。