PCと用意したいKVMスイッチ機器周辺

PC周りを快適に

KVMスイッチを選ぶ際にはPCのハードウェア環境に合ったものを選ぶことが必要です。

キーボードやマウスを接続するインターフェースには様々なものがあるためこれらの規格が自分の所有する PCのハードウェアに合っているものを選ぶ必要があります。

最近ではUSBポート利用したKVMスイッチが非常に一般的に利用されており、この規格であればほとんどのPCが接続できるので非常に便利です。
しかし従来のRGBインターフェースや専用ボードを利用したPCの場合にはこれにあったKVMスイッチを選ぶことが必要であるためその規格を十分に確認してから用意することが重要です。

さらにPCを何台接続するかと言う点についても事前に確認し必要な主要ポート数を持ったものを選ばないと制御が複雑になってしまったり、操作性が悪くなってしまうことがあるので注意が必要です。

KVMスイッチを選ぶ際には希望する接続環境をしっかりとイメージし、これに合った環境を実現できるものを選ぶことが重要です。最近では複数のスイッチを接続してポート数を増やすことが可能なものもありますが、操作性が異なる場合も多いのでそのイメージをしっかりと確認しておくことが大切です、

必要なハードウェア製品の価格について

一般的にKVMスイッチの価格は接続できるポート数が少ないほど安くなる傾向にあります。
また最近ではUSBインターフェースのものが安く販売されているため、価格を重視する場合にはUSBインターフェースのものを選ぶことが良い方法です。

最近のPCではUSB接続でキーボードやマウスを接続できるようになっているものがほとんどですが、旧型のPCでは専用のインターフェースを利用しないと接続できないタイプのものがあるため、これらのPCを利用する際には接続方法を十分に検討することが必要です。

専用のインターフェースで接続できるKVMスイッチも販売されていますが、価格が割高となる傾向があり可能であればUSBインターフェースに変換するコネクタなどを利用して接続する方が価格を安く抑えることができます。

またKVエムスイッチは通常キーボードで使用するPCを切り替えるものが多いのですが、機種によっては本体に取り付けられている切り替えスイッチで切り替えるタイプのものもあります。

価格は基本的にはあまり変わりませんが通常は手元でキーボードで操作する形が使い勝手が良いためこちらが選ばれます。