デュアルモニタ(DVI+VGA)を共有できるKVMスイッチ

KVMスイッチの魅力とポイント

KVMスイッチに必要な要件として効果的にキーボードやマウスおよびディスプレイに対応し違和感なく切り替えることができると言う機能があります。

しかしこれまでのKVMスイッチではプレイに対する対応力が弱いものが多く、特にDVIインターフェイスとVGAインターフェイスと言う複数のインターフェイスを仕様で設定していることからその双方に対応できるものは非常に少ないのが実態でした。
そのためPCの種類によってはこの2つのインターフェイスにそれぞれKVMスイッチを用意しなければならないと言う問題が発生することもあり、効果的な接続ができないことが多いのが実態でした。

このデュアルモニタを共有できるKVMスイッチは様々なディスプレイの仕様に対応できるため、仕様の異なるPCであっても切替を行うことが可能で、その操作が非常に簡単になると言うメリットがあります。

特にデータセンターなどでコンソールの収容スペースがない場合には従来はディスプレイの使用により複数のKVMスイッチを用意しなければなりませんでしたが、デュアルモニタを共有できることで1台のスイッチで収容スペースを抑えることが可能になります。

USB接続に対応しているKVMスイッチ

最近ではUSB接続に対応しているKVMスイッチが非常に増えています。

USBのインターフェースを利用することで従来のように複数のケーブルを接続することがなく、接続が簡略化されるほか、狭いスペースでもPCとケーブル1本で接続できることから、接続効率や収容効率が高まることが期待できます。

USBポートはその信頼性が非常に高く、また様々な信号を出力できることが非常に便利な機能となっておりコンソールの切替においても非常に重要なものとなっています。
KVMスイッチはデータセンターなど非常にスペースの余裕がないところで利用されることが多いのですが、従来のKVMスイッチはケーブルが妨げとなり狭いスペースに収納できないことが多いものでした。

USBポートを利用できることで様々な場所に簡単に設置できるほか、ケーブルによる占有スペースが少なくて済むことも非常に大きなメリットになっています。

さらにUSBケーブルは汎用的なものであるため、簡単に入手できることもあり、接続にかかるコストも非常に少なく簡単に接続できるメリットがあるため、近年のKVMスイッチでは広く利用されているインターフェースでもあります。