KVMコンソールスイッチを使う適正な状況は?

KVMスイッチを購入する場合

KVMコンソールスイッチは様々な場面で利用されていますが、最も効果的な環境はリモートで複数のサーバーシステムを利用する場合です。

特に最近安定性や安全性を確保するために企業システムのサーバ環境をデータセンターに収容するケースが多く、これらのサーバーをリモートで管理者が操作するケースが増えているのです。

この場合にはKVMコンソールスイッチをデータセンターのラックに設置しているため、手動で切り替えることが出来ません。
その為、コンソールで切り替えることで複数のサーバシステムを操作することが出来るため、非常に効果的に利用できます。

また、企業内に於いてもサーバシステムが収容されている場所が管理者の席から離れている場合や、KVMスイッチが操作しにくい場所に設置されている場合にもその機能が利用できるので非常に便利です。

但し、KVMコンソールスイッチの場合には特定のキーボードの操作により切り替えることになるので、複数のキーボードを使用する場合や操作拠点が複数発生する場合には使用出来ないデメリットもあります。

さらにスイッチの種類によっては接続方法も大きく異なるため、適合したキーボードを使用する必要がある菜場合もあります。

特にUSB接続型のキーボードの場合には操作が出来ない場合も多いので注意が必要です。

KVMスイッチのキーボード上での切り替え方!KVMスイッチ購入の際の送料は?

KVMスイッチのキーボード上での切り替え方にはそのスイッチによりいろいろなタイプが有る為、スイッチにあわせた操作方法を行うことが必要です。

最も単純な物としてはファンクションキーと何らかのキーを同時に押下すると言った方法ですが、この際には押下する度に切り替わるもの、あるいは押下すると選択肢が表示さてマウスやカーソルで選択するといったタイプも有り、その操作方法を習得することが大切です。

さらに、ポート接続を行った場合には操作方法が変わる物や、操作ができなくなってしまう物も有る為その接続には十分な確認が必要です。

KVMスイッチ購入の際には、一般的には送料無料の物を選ぶのが良い方法ですが、使用する際にはケーブルなども必要になる事から、必ずしも無料で購入できないことも少なくありません。
その際にはより効果的な購入方法を検討することが重要です。本体が送料無料であってもケーブル類は有料で有ることから別に購入しなければならなかったりすると、合計金額が高くなってしまうことも有るのです。

このような場合には信頼出来るところから購入するのが最も良い方法です。

利用方法を相談すると必要なケーブルなどを揃えて同梱してくれることが多いので送料を気にするよりも間違いのない購入方法を行う事が重要です。