IPアドレス対応のKVMスイッチのネットワーク設定方法

KVMスイッチをネットワークで利用

IPアドレス対応のKVMスイッチは、キーボードやマウスといった機能にIPアドレスを割り当て、それらの動作をIPネットワーク上で通信することで対象のサーバーやパソコンを動作させることになります。
その為、どの様なIPアドレスの振り方をするかによって動作範囲が大きく変わります。

一般的には離れた拠点などでIPネットワークを通じてサーバーやPCを遠隔操作する際に利用されるため、それぞれにその動作をIPネットワーク上の通信に置き換えるためのコントロールサーバーを設置する事になり、基本的にはこのコントロールサーバー同士で通信を行うことが重要となります。
その為、それぞれの操作をネットワーク上のデータに割り当て、そのデータ通信の形式にあわせることが非常に重要となります。

コントロールサーバーにはKVMスイッチのIP通信に関するプロトコルが設定されていますがこのプロトコルは標準化されていないため、機器によって通信ができないことが有る点に注意が必要です。

一般的には送信側と受信側は一組として販売されていることも多いため、これらを組み合わせて利用する事が重要です。

また複数のサーバーやPCを管理する場合には、その制御の為に複数のIPアドレスを設定する必要があります。

KVMスイッチでの仮想ネットワーク環境の構築手順

IPアドレス対応のKVMスイッチに於いてよく利用されるのは、データセンターなどに収容されているシステムをリモートで操作する際の利用です。
この場合には複数の機器を操作する必要があることから、それぞれの対象にIPアドレスを割り当てたり、ポート番号を割り振ったりすることが良く行われます。

IPアドレスを個々の機器に割り振る方法では、送信データとの組み合わせできめ細かい操作が可能となる反面、通信手順が複雑になる恐れが有ります。

一方、ポート番号で制御する場合にはネットワークリソースを有効に利用することが可能になる半面、詳細な制御が出来ないデメリットも有るのです。

最近ではUSBを効果的に利用したネットワークKBMスイッチが広く利用されています。
この方式では仮想ネットワークに於ける個々の機器の制御をUSB経由で行うため、IPネットワークで通信する機器はコントロールサーバ同士だけでよくUSBでそれぞれの機器の制御が詳細にできるようになるので非常に便利です。

IPネットワークで仮想ネットワークを構築する場合にはアドレス変換などの複雑な設定を行う必要があり、ltの設定が複雑になるため接続性が悪く緊急時の制御が大きな問題となる事も少なくありません。

IP7アドレスや複雑なポート番号を使用せずに適切な通信を行うためにはUSBを利用する事が良い方法です。